困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2015年05月

宇宙人が好きだ!

. 宇宙人が好きだ、という子がいる。 自分で考えた宇宙人キャラクターを、いろんなものに登場させている。 社会のノートには、その宇宙人くんが 「ここは大事なところだぞ」 とか言ってる姿が描いてある。 お母さんは、それがお気に召さないみたいで、 「6年生になって …
続きを読む
みみずをみせびらかす子

. これは、わたしの学級の話ではないのですが、まあ聞いてください。 ミミズに興味を持った子がいました。 このうようよしたものが、土の中にゴマンといることが、どうにも不思議! おまけに、どこの土をほってもミミズは出てくる、顔を出す。 弱そうで、すぐに土に潜ろ …
続きを読む
閻魔様に何を聞かれるかについて

. 世の中が落ち着かないのは、まず頭の中が整理されていないからだ、ということについては、もう分かりきっているのですが、なにせ、このご時勢だもの、考えてる暇がない。 大事なはずの「頭の整理」は、忙しい世の中、どうやらどこかへ置き去りにされているようです。 人 …
続きを読む
給食でいざこざが起きないということ

. 給食で、多い!少ない!というもめごとが起きません。 これはなぜなんだろうか。 読者の方は、給食と言われて、思い浮かべるイメージがそれぞれちがいましょう? みなさんが小学生だったころ、お味噌汁って、出ましたか? 最近の給食は、一昔前とは異なっていまして、ほ …
続きを読む
鳥のたまご、みっけた。

. 「先生、たまご見っけた」 机の上にのせたのは、白い小さなウズラくらいの卵。 学校の隣の林の中でみつけたそうな。 「落ちてたの」 なるほど。 わたしは、まったく動じず、その子の顔を見る。 なにかが書いてある。 「これを教室で飼うわ」 と書いてある。 …
続きを読む
ビオトープ池に向けて虎視眈々と作戦を練る

. 勤務校に、池がある。 ところが、あまり活用されていない。 ビオトープにはなっておらず、ただの池。 おまけに、水質が悪くなるので、毎年夏休みには、水の入れ替えがあり、プールから水をひいてこなければならない。この作業が、なんと大変なこと。 職員作業の重労働な …
続きを読む
朝のスピーチ 「え、絶対続けたい!」

. 朝のスピーチは、5年生の時からの定番です。 日直さんが、その日の朝に言いたいことをまとめていて、 ニュースのような口調で、話し始めます。 「8時30分になりました。ニュースの時間です。 今日、校庭を歩いていると、赤い実を見つけました。・・・」という感じ。 …
続きを読む
なぜか最近、年下が増えた(笑)

. たまには、うんと個人的なことを。 中年になってきたせいで、ちょっとした変化を味わっている。 それは、年下が増えた、ということ。 ちょっと前(笑)のことを思い出すと、タクシーの運転手さんはほとんど 自分よりも年配であることが決定的であったし、 電車の駅員や、 …
続きを読む
好きになれない子どもがいるかどうか

. 好きになれない人がいたり、 好きになれない子がいたりするのは、 もう決定的に、ヘン、です。 どんなに宿題を誤魔化そうが、友達にいじわるをしようが、教師にとって 教室の中に、「好きになれない」子は、いない。 どんなに叱ったあとでも、好きなのです。 じ …
続きを読む
わたしが見ることのできるもの。

. トカゲを飼い始めたせいで、この休みはつくづく、虫づくしでありました。 エサとなる、生きたハエやクモを見つけるのが面白い。 それ以外にも、虫のことで一日が暮れる。 朝、散歩に出かけると、もうそこらじゅうに、モンシロ、モンキはもちろん、シジミチョウもいる、 …
続きを読む
なおしなおしの日々

. 朝、起きて手洗いに行ったのが、おそらく4時ごろ。 外はまだ暗かった。 それなのに、<教室でモンシロチョウを飼うための箱を探そう>と、ふらふらと庭に出て、物置に入った。 寝ぼけていたのかも。 荷物の奥の方に箱が見えたので、手を伸ばそうとしたとたん、足元の …
続きを読む