困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2015年03月

上手にテレビを見るコツ

. 「テレビを上手に見る方法」という本なら、うちの嫁様が書ける。 どこか出版関係の方、ぜひご相談ください。 その、テレビ視聴歴ウン十年、というセミプロの嫁様に言わせると、そのコツは、 「石の上にも3年」 ・・・だそうだ。 テレビも、面白くなくても、ひたすら …
続きを読む
クロマグロが泳ぐ水族館

. クロマグロが泳いでいるという水族館へ行ってきました。「1匹だけ残った」とニュースで報道していたので、その一匹がどんな顔をしているのか、とても興味があったので・・・。      たまたま通りかかった水族館の方に、世間話のように独り言っぽく 「もうこれでマグ …
続きを読む
中高生こそ、落語を聴け!

. 落語歴30年以上だから、このくらい言ってもゆるされるやろ。 「中高生は、落語を聴け!」 その理由は、耳に残るから、である。 いつまでも、残る。 たぶん、死ぬまで、残りつづける。 こんな残り方は、中高生でとことん聞きまくった状況でないかぎり、ありえないだ …
続きを読む
教育はセリフの字面ではなくて・・・という件

「そのままでいいんだよ」 と言っていい、ということ。 そんなことを言えば、子どもたちは怠けてしまうだろう、ということをたいていの人は不安に思う。私もそう思う。心の深い所では、そう思っている。よくいえば、心配してしまう。 だが、子どもにいちばんいけないのが、 …
続きを読む
きちんと想像した人がまだいない件

前回からの、つづきです。 さて、そうやって責め合わない学校ができると、どうなっていくか。 そこから先を、想像していくのが、これからの仕事です。 だって、まだ、人類史上に、そんな学校の姿を、 きちんと想像した人は、 だれもいなさそうだから。 だれも責め …
続きを読む
だれとも攻め合わず、責め合わず、済む学校

前回からの、つづきです。 真意を聞こうとする文化、というと、一人ひとりが地道にがんばって意識するもの、という感じがあるけど、ストイックな感じは、そこには、おそらくないよなあ。 だって、そうなればなるだけ、仲が良くなっていくものだろうという気がするもの。 …
続きを読む
悪循環から、抜け出すもの

. 前回からの、つづきです。 こういうことを、つらつらと考えているうちに、学級でいろんな揉め事が起きる。 子ども同士で、相手を変えようとして頑張っていることがある。 大抵、正義ヅラして、相手の行動を非難する子がいるので、話を聞きます。 すると、なぜ相手が …
続きを読む
小学校で必修にすべきことは?

. 1 事実と思いのちがい 2 あらゆる制度が未だ完成していないことの理解 3 人間の素の姿が大切にされるとはどういうことか 4 人と人との間柄に脅迫が要るかどうか 5 この世には、まだ名前のついていない事象や認識事項がたくさんあること この5つを、必修とする …
続きを読む
三角帽子の小人

. 前回からの、つづきです。 さて、ここで、壮大な思考実験をしてみる。 もしも、仮に。 この人間の反応が、まったく逆だったらどうだろうか。 つまり、相手を変えようと欲した瞬間、ものすごい快感に包まれるとしたら、どうだろう。 そうふうに、つまり、今とは逆 …
続きを読む
なぜ、その途端に苦しくなるのか。

. 前回からの、つづきです。 相手の真意、意図、気持ち。 こういうものを、聞こう、聞こう、聞けているかどうか、とたずねつづける人生。 そこを考え続けて行くうちに、「怒り」について、きちんと、最初から、一から、しらべてみたくなった。 なぜなら、「怒り」に燃え …
続きを読む
本当に添うとは何だったのだろう

. 前回からの、つづきです。 たとえマチガイがあっても、ああ、なんだそうか、となればいいだけのことなのに、どうして、人の脳の中では、 「責められた」ような、 「良くない」ような、 価値判断や感情と結びついていくのでしょうか。 ある人の考えていたことと、 …
続きを読む
あくまでも、それくらいの

. 前回からの、つづきです。 相手の真意を確かめる、 という行動が、案外、少ない。 私たちは、 聞いてすぐに、自分なりの解釈で パッと反応する ということが多いようです。 相手の気持ちは、今、本当はどうなのだろう。 さらに言えば、 確かめて、 「どう …
続きを読む
気持ちを聞けた、と思い込んでしまって・・・

. 前回からの、つづきです。 教室に、いろいろな、「責め現象」が起きたとき。 わたしはわりとすぐに、気楽に学級会にしてしまいます。 この日も、5時間目をすぐに学級会にしてしまった。 さ、どんな展開だったでしょうか・・・。 このようなときは、 大抵、だ …
続きを読む
給食のりんごが余りました

. 給食はみんな、楽しみにしているものだ、と思うのですが、思い方は、一人ひとり、ちがいます。また、その日の体調でも、気分もちがってくるでしょう。 給食のじゃんけん、というのがありますね。 あるとき、フルーツのりんごが余りました。 ある子がじゃんけんに勝っ …
続きを読む
運動会のグランドの釘のこと

. 人間である子どもたちを、 世間に引き寄せようとする。 そのことに、わたくしは、虚しささえ感じる。 逆に、自分の方が引き寄せられてしまう。 世間の枠からはみ出て、子どもたちが住む、 世間の価値とはズレた場所へと 誘い込まれてしまう。 ここに、ある意 …
続きを読む
教師は世間の代表選手

. 学校生活、教員生活をある程度、続けてきました。 世間、と子どもとの、接点を見出そうと、してきました。 ところが、教室と世間とは、かなりちがうのです。 わたしは現在、このことに相当、戸惑いを感じています。 そもそも教員は、子どもたちに対して、いわゆる …
続きを読む
「イタイイタイ病」という、ネーミングの重要性

. 5年生の学習で、もっとも印象に残った単元は何か、というと、 うちのクラスでは、 社会科の『公害』だという子が多かった。 水俣の、悲惨な「伝染病差別」について調べたら、図書室の資料が凄すぎて、相当にショックだったようだ。 また、イタイイタイ病、にとても …
続きを読む