困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2013年06月

声のたいへんに大きなAちゃん。 ようい、ドン、を言う場面では、大活躍をする。 わざわざAちゃんを指名して、やってもらった。 50m離れた場所にも、ようく聞こえる声で、 「ようい、ドン!」 おかげで、50m走のタイム取り、はかどりました。 た …
続きを読む
苦手な担任の先生との距離を縮めるとっておきの方法!

おうちの方から、連絡帳にあれこれと書いてもらうのが好きだ。 なぜかというと、子どもの家での様子が、よく分かるから。 学校での様子は、一時的なもの。 学校にいるくらいの短い時間なら、「何でも我慢できちゃう子」だっている。 学校の先生の目をごまかすこ …
続きを読む

NATは、Non-anger teacher ノンアンガーティーチャーの略であります。 ノンアンガーですから、「怒り」がない。 しかし、怒らない、ではない。 いったい、どうちがうの、と。 「怒りは不要かもしれないけれど、それでも、人間だもの、怒らないのは難しい。」 現時点 …
続きを読む

NAT(Non-anger teacher ⇒ノン:アンガー:ティーチャー)とは、 子どもを脅迫しない先生のことです。 たとえば、怒りをぶちまけ、大声で叱責する、などということがない。 すでに、全国にたくさんいらっしゃると思います。 こうした先生を育てる教育プログラムに、 「 …
続きを読む
「あの子は、叱ってもよい子」だって

廊下で激しく、叱責の声。 大音声で 「いい加減にしなさい!」 「あなたは何をしようとしているのですかっ!」 あとで、職員室で、下のような会話がありました。 「あの子は、叱ってもよい子だから・・・」 これを小耳にはさんで、どうにもそのフレーズが耳になじ …
続きを読む
事件簿ファイルNo.8 「木の実を奪った事件」TくんAくん

Tくんが、Aくんの持っていた、ムラサキ色の木の実を、ぶんどりました。 ひったくった感じ、だそうです。 近くにたまたま居た、支援員の先生が、それを見ていたとのこと。 すぐに対応してくださっていました。 「なんで、とったの?」 「・・・」 「Aくんはとられて …
続きを読む

Tくんが校庭で石を拾う話。 はあ。(ため息) 好かんなあ。 ・・・と思ってしまいます。 「全校で、石を拾いましょう!」だって。 職員会議で、校庭の石が問題になった。 秋の運動会に向けて、今から石を拾うんだって。 「夏の酷暑、猛暑、それを避けまして、すず …
続きを読む

月曜日は、とくべつな日です。 月曜日の朝、子どもたちの様子をみると、その子の土日の過ごし方が、なんとなしに伝わってきます。 最初から、わたしに何かを言いたくて、にこにこしながら、近づいてくる子がいます。 また、そうでなくとも、満足げな子もいます。 なんと …
続きを読む
大きな石が どっすんこ(童話)

あるところに、黄色い小さな家がありました。 そこにひとりの若い男が住んでいました。 ある朝、男が起きてのびをしていると、 飼っている ねこも つられてのびをしました。 のびをしているねこをみながら、男が口笛を吹いて、 朝のお茶を飲んでいますと、 窓の外がなにやら …
続きを読む

1年生だから、なにをやっても楽しいですが、 最近は、 「ひそひそ話」 が楽しいです。 「ひそひそ話で教えて!」 といって、黒板の前に出てこさせ、 かがんだ私の耳をみせると、 みんな、得意がって、わたしの耳に口を近づけて、 「あのね、ごにょごにょごにょ・・ …
続きを読む

「怒るのと、叱るのと、しっかり区別をしてください」 こういうのを、教員の研修でも聞く。 なんとなれば、近年、教員の虐待なんてのが話題になるくらいで、 教員の研修時においても、 「いらいらしたり、カッとなって、体罰に結びつくような言動は、厳に慎んで …
続きを読む
トイレの前で嘆く父親のトラウマとは(目撃談)

次男を連れて、スーパーに行きました。 小さな子が懸命に歩いているので、ちょうど入り口ですれちがったおばちゃんが、ドアをあけて待っていてくれた。 よちよち歩きの次男君を見て、おばちゃんの顔がとろけそうになります。 次男くんは、おばちゃんの顔を不思議そうに …
続きを読む

研修その他で、出張する日もあります。 教員の研修は昔と比べて、比較にならないくらいに多くなりました。 教員が研修を受けている、と聞くと、多くの人は 「そりゃ、いいこったね」 と思うでしょう。 教員の不祥事がマスコミをにぎわせている昨今、 「ちっとは、先生 …
続きを読む