困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2013年03月

これ、意地悪な質問だな~ これを真面目に考えても、簡単に話せる人、そうはいない。 いわゆる、人間の内面のことを言わずにおれないから、それを言おうとする人が多いだろうけど、なかなか出せない。ふだん、考えていない。 子育て談話室の中でも、それっぽい話になると …
続きを読む

3月26日(火) 午後1:30より ぜひ お越しください。 「教育、子育て、大切にしたいもの・・・子どもを尊敬する、ということ」 お話をします。 くわしくは以下を ↓ ↓ ↓ ↓ クリック!! …
続きを読む

「ゲーム機の自慢話を聞いて、何が育つの?」 Dくんが、新しいゲーム機を買ってもらったのです。 それで、何人かの男の子たちは、みんなでDくんのうちに遊びに行きました。 Dくんのうちでみんなで遊んで、みんな満足した、とのこと・・・。 ところが、そのことを、Dくんが …
続きを読む

「子どもって、うそをつくから」 なにかの拍子に、こんな会話がありました。 「うんうん」 話の流れで、みんな、そうやってうなずいていました。 わたしも、 「そうそう。」 と思います。 うそをつくのですよね。 で、それを、教員は、 「許さじ」 と思うわけ。 …
続きを読む

「チャレンジやってるから、ぼくもう割り算できるよ!!!」 3年生ではじめてわり算を学習する。 このとき、算数の勉強がはじまる少し前に、 わざわざ担任に言いにくる子がいる。 顔はとびきり、笑顔だ。 もちろん、ほめてもらえる、と思っている(ように見える)。 …
続きを読む