困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2013年01月

学級に、児童の祖母から差し入れが届いた。なんとびっくり!うれしいなあ。地域がら、祖母の代から地元なんです、という方も多い。家が三世代、という家庭もある。いつも、孫がお世話になっています、ということのようで、手作りのお饅頭がパッドに敷き詰められて、届けられ …
続きを読む

夏休み、地元の人たちによって用意された保養ステイに、福島から何人もの子育て家庭が訪れてくださった。その場にうちのクラスの子が関わり、いっしょにキャンプ場で遊んだりカレーを食べたりしたものだから、そのご縁でもって、小学校へ手紙を書いた話を以前書いた。その後 …
続きを読む

「ランドセルをきちんと片づけない」で怒っていらっしゃる先生。そんなもん、という気がするけどなあ。(こう思っちゃ、だめなんでしょうねえ。教員の常識では)私は甘すぎるのだ。でも、どうしても、ランドセルをきちんと片づけない子を、強く叱責する気になれない。これは …
続きを読む

お母さんをべた褒めしております。そのことに、誠心誠意、心底から。寸時もぢつとしては居られない気持ちである。お母さんが、浮かぬ顔つきをしていたり、子どものことに、生真面目すぎたり、うちの子をどげんとせんとあかん、と気負っている風であったりすればなおさら。お …
続きを読む

大津市でいじめを受けた男子中学生が自殺した問題をきっかけに、いじめ問題に関して都道府県をはじめ各自治体がさかんに新手の対応を考えようとしているようです。ちなみに、「いじめ発生件数」か、「いじめ認知件数」か、今はどちらが使われているかご存知ですか。平成18 …
続きを読む

本の帯を見ますと、※勉強ができる※先生に好かれる※自己主張ができる※いじめられないという言葉が躍っておりました。そして、赤い目立つ字でもって、○7000人を見て分かった、3歳から6歳までの育て方と書いてあります。おそらく、子育てに自信のないお母さんが、わ …
続きを読む