困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2012年06月

大手の出版社、小学館が出している雑誌。「総合教育技術」に気になる記事を見つけた。(2012年 06月号)だ。特集記事の中に、「叱れない教師は叱れるようにならないといけない。それが今の教育界を是正するポイントだ」というような論旨が記されている。これは、おそろしい …
続きを読む

わが勤務校に、唯一、初任者の青年教師、Fさんがいる。Fさんは、初任者研修に勇んで参加している。最近、何度か開催されている研修の様子を少し聞かせていただいた。「まず、保護者でクレームをおっしゃる方に、冷たいお茶を出すことを習いました」これで、まず目がテンに …
続きを読む

昨年度は、まるく円になり、順番に「気になること」を出させていた。最初のころは、それなりの件数で順調に会議にかけられていたのだが、ともかくも僕の話を聞いてほしい、私の話を聞いてほしい、ということで、出されてくる件数が飛躍的に増えてしまった時期があった。 …
続きを読む

春遠足に行ったことを作文に書いた。「いちばん、心が動いたところから、書き始めましょう」という定番の指示により、全員が書き始め、1時間かけて感想文が終了。どうしても書けない子は、家に持ち帰って書く、と自分から言ったので、そうさせる。「今日の夕方からはバレー …
続きを読む