困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2012年03月

お世話になった先生方が、最後の出勤日を終えられて、あいさつをされ、帰って行かれる。つい最近まで、つい先ほどまで、いっしょに話し、笑い、分からない事を聞いたり、しゃべったりしていたのに。 もう、これで会えなくなることが信じられない気持ちになる。「新しい学校 …
続きを読む

春休みです。といっても、まだ卒業したばかりだから、のんきに忘れ物を取りに来たり、遊びに来たりする子もいて、なんだか華やいでいます。元・わたしの学級の子が、忘れ物を取りに来て、教室をがさごそやっていました。その間に、ついてきたお母さんと、ちょっとだけ話をし …
続きを読む

なんだかいろいろな記事を書いているうちに、また返事をたくさん書いているうちに、わたしをとりまく状況が変わってきた。人間と知り合うと、人間が人間をつなぐ法則があるのだろうか?□教育委員をされている方と知り合いになってしまった(!)□お医者様が「あなたが話し …
続きを読む

IQからEQ、そしてNQだって。NQという新しい言葉、指数の概念があるらしい。そもそも、数値というのはいかがわしくて怪しいもので、指数、というものはひどくあいまいでしかない。検査の状況によってまったくちがってくるし、ちょっとしたことで大きく異なってしまう …
続きを読む

生活科で、保護者のお母様たちにお手紙を書きました。生まれてから成長し、大きくなってきた自分たち。その成長を支えてくれていた、親、周囲の大人。自分が今まで成長するまでに、どれだけの世話をしてもらってきたか。一度、考えてみる、という単元があるのです。(生活科 …
続きを読む

子どもがおそろしいことを教えてくれた。「きのうね、お母さんが急にぼくをけとばしにきた」あっけらかん、と。半分、顔がにこにこしている。なんだ??目が点になりつつ、事情を聴くと、「なんか友達と呑んで、酔っぱらって帰ってきたんだよー、そのあと、急にぼくの部屋に …
続きを読む

PTAの活動も、無事に一年間を終えようとしている。先日、PTA活動の総会が行われた。そこで、ふと出会ったお母さんに、いきなり「○○先生!」と呼びとめられ、「先生に、お礼を言わなきゃ、とずっと思っていました!」いきなりだったので、お母さんの顔を見ながら(昨年担任 …
続きを読む