困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2011年08月

松本大洋が、ここまでビッグネームになるとは思っていなかった。同じ職場の仲間に教えてもらったのが、12年前。ポッと出てきただけか?と当時は思っていたが、この12年ほどの間に、「漫画界のカリスマ」と呼ばれるほどになっていた。(ブック朝日コム)新作。「Sunny」 …
続きを読む

30年前の8月22日、向田邦子さんが亡くなった。向田さんの作品に出会ったのは、「あ・うん」が最初。20代。もう最初の就職をしていた。「こんな感じで就職してもいいの?」というような、あっけない、簡単な就職をしてしまい、それでもその仕事が楽しくて、充実感を味 …
続きを読む

1学期、話の型を決めた。ふつうパターン①昨日、ぼくはこんなことをしました。見ました。やってみました。(本を)読みました。②ぼくは○○だなと思いました。わけ理由パターン①昨日、ぼくはびっくりしました。うれしいことがありました。楽しかったことがありました。② …
続きを読む

クラスの人間関係が固定しがち。保育園からほとんど一緒の関係が続いている。このクラスは、なんと3年生まで、同じ学級であることが予定されている。前の校長先生の主義だったらしく、できるだけ同じ担任がもつ方がいい、ということで、1~3年、4年~6年。小学校生活6 …
続きを読む

盆がすぎ、2学期の構想をはっきりさせようと、朝から裏庭のベンチにすわって・・・子どもがアニメのペンギンズだとかを見ている間に、ひとりで思索タイム突入。この裏庭からの景色がいいんよね。家が一軒もない。ずっと向こうの山が見える。住宅地の端っこだから、あとは畑 …
続きを読む

8年目のある日、ひょっとしたときに、ふと思いついた。怒りの思いが出てくるとき、いやな気持ち(感情)になるな。なんでだろう。怒りの思いが出てくるとき、すてきな気分(感情)にはならない。なんでだろう。相手に対して、怒っているとき、つまらないような、いやな、な …
続きを読む

いやあ、なんだか夏休みボケもあるのか、筆が思わぬ方向へ進み始めて・・・わたしの特異な体験を書いているが、はたして読もうとする人があるのか・・・。教員採用試験の2次試験を目前にして、対策を考えている人たちにはまったく関係のないことを書いている。申し訳ない。 …
続きを読む

NHKで、今、「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」という番組を連続シリーズでやっている。それを見ていると、人と人とが、組織や肩書や立場や派閥、人事、そうしたものにからみとられて、本当に心の欲するように行動しているわけではないんだな、というのがよくわかる。ま …
続きを読む

戦争、とふりかぶらなくても、人と人とがうまくいかなくなる、なんだかしっくりこなくなる、距離が生じてしまう、ということについて書く。「戦争なんて大きく出て、いったいなんだ。たかだか、小さな個人と個人の人間関係の話じゃないか」そう。小さな、人と人との関係 …
続きを読む

ひさしぶりに映画を見てきた。宮崎駿さんプロデュースの「コクリコ坂から」だ。映画館はわりと空いていた。他のお客さんはみんな、ハリーポッターとか、他の映画に流れていたよう。でも、コクリコ坂のシアターも、開演時刻にはいっぱいになった。この中で、主人公の海さんが …
続きを読む

朝日新聞の天声人語で、こう書かれていたのが目にとまった。「国会で説明した児玉龍彦・東大教授によれば、福島からは広島原爆20個分(ウラン換算)の放射性物質が飛散した。残存量もはるかに多く、影響の広さ、長さは知れない」え、そんなに、と驚く。広島の被爆者を調べ …
続きを読む

細いストローが、わたしの鼻の穴に、吸い込まれていく。目の前のテレビ画面には、ふしぎな世界が展開する。鼻毛の森を抜け、妙な鍾乳洞の道を抜けると、わりとすぐに胃だった。もっとつるっとしたイメージであったが、実は胃は、かなり複雑な構成になっているようであった。 …
続きを読む

胃カメラ初体験 こんなに複雑な壁なの?ストレスか。6月ごろから、腹部が痛むことが多くなった。食べた後にも、すぐに食べたものが胃からなくならないことがあった。夜中、胃がいたくなって、ふとんの中でもだえ苦しむことも。こんなに痛む体験はこれまでない。さっそく受 …
続きを読む

周囲の先生方の指導を、食い入るように見る。それは、大きな学びのチャンスだから。他の先生が、子どもたちに指導している場面を見ながら、「おお!このフレーズは、うちのクラスの子たちにもぜひ言って聞かせたい!」と思うフレーズがある。それを、週の指導簿(週案簿)に …
続きを読む