困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2011年07月

朝早くに担任している学級の子から、自宅に電話。「先生、自由研究はどんな感じでやればいいの」いろいろと話すと、社会派の彼は、テーマ原発をやりたいのだとか。終業式で、校長先生がヒロシマの原子爆弾の話をされたので、そんなことからも、原子力発電所に発想がとんだの …
続きを読む

フクシマから小中学生がやってくる、というのでボランティアをすることになった。4泊5日の計画で、こちらの県内の高校生たちといっしょに、キャンプファイヤーをやる。そのファイヤーの実行委員会をまかされました。さあ、どんなふうに受け入れることができるでしょうか。 …
続きを読む

今年、受験する臨採講師の先生から、連日のようにアドバイスのリクエストがあり答えています。そうです。2次試験前なので彼も真剣なのです。一つ、気になったことがあります。それは、発達障害児のこと。試験をする側、採用する側としては、今や発達障害児の把握について、 …
続きを読む

BLOGを2006年に公開してから、すでに5年半が経ちました。 この間に、主に採用試験についての記事を多く書いてまいりましたが、そろそろシーズンが近づいてきました。一度、ここで、採用試験の記事を少しだけ、まとめておきます。まだあるかと思いますが、目についた記事だ …
続きを読む

WISC-IV 知能検査のキットを、ようやく見せてもらいました。近所の大きな小学校で、購入したそうです。これからは、こういうものは公費でじゃんじゃんと買っていただきたいものです。そして、担任が、毎日のようにさわって研修を積みながら、自分のクラスの発達障害児をかた …
続きを読む

中国で電車の衝突事故がありました。ご冥福をお祈りいたします。ところで日本の高速鉄道、新幹線のシステムは、鉄道の設計思想がまったく世界の標準と異なっているので、こうした衝突事故は起こり得ないのです。今、日本が輸出すべきは、ハードよりも、こうしたソフト(設計 …
続きを読む

通信簿。学期末に成績をつけ、子どもに手渡す。そろそろそんなシーズンだが、思い出すことがある。昨年のことだ。昨年の学年末のこと。通知票を子どもたちに手渡し、帰宅させた後。終業式が終わり、卒業式が終わり、すべてが終わった後のことだった。職員室で、お疲れ様のム …
続きを読む

2次障害の子に対して、教師はどう対応すべきなのか。これが本当に問題なのだ。多くの教師が、今、このことに頭を悩ましている。1)共感し、まずは受容するところが、これは案外とよくない方法だ。なぜなら、共感したために、教師も同じように思っている、と誤解されるから …
続きを読む

愛知県 7月21日(木)。この日が、1次試験である。またこのシーズンがきた。今年の面接で聞かれるのではないか、ということを、2点、挙げておきます。1)不審者がとつぜん、教室に入ってきました。どうしますか。2)地震が起きました。どうしますか。今年になって不審者 …
続きを読む
ガクアジサイを図工で描く

図工。ガクアジサイを描く。そもそもは、1学期の最後あたり、図工は何をしようか、と話していたことが発端でした。職員室で、隣に座っている同じ学年の先生と相談し、「なにか、パッとできて、それなりの作品に仕上がるようなことをしたいですね」ということで、いろい …
続きを読む

授業参観があり、保護者会があった。これまでも楽しい保護者会はたくさんあったが、今回のは、なんだかとても幸福な風が拭いていたような気がする。あたたかい、春のはじめのような、心地よい会となった。なんでかな、と振り返ってみている。それは、私が1学期をふりか …
続きを読む

気になる児童がいる。なにかいつも、爆発する要素を持っている気がする。なにか、表情が暗いのだ。そして、言葉の端々が、少し、とがっている。この子を、大事に、大事に、と思う。聞けば、家で、年の離れた乱暴者の兄に、こき使われているらしい。食事の皿まで、運ばせ …
続きを読む

結論を言うと、知っておくにこしたことない。どちらかというと、知っておくべき。これは、対象児童によって、内容が変わる。低学年ならポケモンや仮面ライダーオーズ、また、「なつかしい話」としてとりあげた場合のトーマスもあり得る。(おおくの1,2年生にとって、 …
続きを読む