困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2010年11月

病院で心理検査を受けてきた子がいる。医者からその結果を知り、親がそれを担任にも知らせてくれた。結果は、アスペルガー症候群。さて、これがむずかしい。発達障害というのが、また、「自閉症スペクトラム」という言葉も、読めば読むほど、分からなくなってくる。今は …
続きを読む

理科 5年水溶液の学習食塩を溶かす。子どもたちが、ビーカーの水に食塩を溶かして透明になったころ、「ところで、みんな食塩を溶かしているわけだけど、いつ溶けた、って判断するの?」溶けたというのは、透明になってから、ということを押さえる。まだ食塩の塊が、水 …
続きを読む

万引きのことを。学校で、万引きした子が出た。おそらく、日本中、どこの学校でもありうる話だ。それも、かなりの率で、ある話。めずらしい話ではない。補導された婦警さんに聞いた。「くりかえすのをふせぐしかないですね」一度きり、と信じたい。そうねがって、指導を …
続きを読む

大腸の調子がよろしくない。・・・の方が安定しない。これはゆゆしき事態である。とくに40歳を目前にしたここ2,3年だろうか。クラスが不安定になってしまったことや、引越し騒動でいろいろと忙しくしたせい・・・と思う。また、自分自身にそう納得させてきた。しか …
続きを読む

土曜日、なにげなく市の「市会議」記録を見ていたら、「発達障がい児の療育と支援について」という一般質問をされている方がいた。結局、質問の最後には要望として、「市に療育センターを設立したい」と提案されていた。多くの市会議レベル、行政レベルでは当然、このよ …
続きを読む