困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2010年07月

腰痛が快方に向かったのは、まったくの簡単な運動による。つまり、うつぶせになり、深く息を吐き、全身(おもに腰部分)を、しずむように地面につける。この簡単なコトを、毎晩くりかえし、地道に続けていたら、まあ1週間でかなり楽になり、「あれ?自分って、腰痛だっ …
続きを読む

「落語家はなぜ噺を忘れないのか」(角川SSコミュニケーションズ)。柳家 花緑(やなぎや かろく)さんの著書である。ずいぶん前から本屋で見て、気になっていたが、ついにこの土曜に購入。一番気になったのは、噺をどう覚えるか、というくだり。もちろん、全部、すべて …
続きを読む

息子を連れて、近所の自然公園に出かけた。目的は、くわがた採集。近所の保育園仲間からの伝聞情報によると、その自然公園でかなり大きなクワガタが発見されているらしい。周囲は森。立地条件は最高だ。朝、霧が晴れたようになり、シトシトと降っていた雨もやんだ。息子 …
続きを読む