困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2010年04月

引越しのおかげで、ふるい本をひさしぶりに開いてみる。押し入れの奥の、段ボール箱。なにが入っていたか、さっぱり忘れていた。そういえば、4年前。捨てようかどうか迷いつつ、箱に入れて持ってきたのだった。2回目の引越しで、また迷った。で、その末に、またしても …
続きを読む

大声で叱る、をやめよう。これが、今年の目標。それだけを念じながら職場に通い、実際、それを現在まで貫いている。子どもたちと、丁寧なことばで話そう。これも、取り組みたいこと。とくに女子には、「はい」「そうですか」「○○さんだって言ってました」「○○さんじ …
続きを読む

なんと窓を開けたら、一面の雪景色。家族で歓声をあげました。びっくり。5歳の息子もしばらくの間、窓の外を眺めていました。4月中旬でこの天気。めずらしいですよね。この中を、土曜日の今日開かれる、JAの方との打ち合わせに出かけます。JAの方はボランティアな …
続きを読む

引越しを春にすると、4月1日から10日までの10日間で、5キロやせます。なにが、と分析しますと、1)引越し先の地域の詳細が不明で、買い物が下手。保育園に必要なグッズをそろえるのにちがう店へ何軒もはしご。2)借りた新しい家が修復必要な場合に慣れないDIYを …
続きを読む