困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2010年01月

腰痛対策のために不眠不休で検索をつづけた。田舎の母や父に電話していたので、お店に来るお客さんに聞いた情報、というのも飛び込んでくる。(ちなみに喫茶店を経営している)ありがたい。息子の腰痛がかつてない広報力で広まっていることに、なんら引け目を感じないら …
続きを読む

教師の仕事をする前は、システムエンジニアだった。深夜までPCに向かう毎日。頭がふらふらになって、帰宅する。ふとんにつっぷすように寝るだけの毎日。腰痛がおそってきたのは、そんな不摂生と、姿勢の悪さ、長時間にわたり椅子に腰をかけて立ち上がらない、という生活 …
続きを読む

先ほど、12万アクセスになっていることに気がつきました。ほとんどの方は、検索サイトから、「小学校教員免許」や「教員資格認定試験」や「採用試験」、「面接」などのキーワードから、当BLOGをご覧になっているようです。教員になろうか、なるまいか、と迷っている方 …
続きを読む

家本芳郎先生の著書を読んでいる。そうじをサボる子を叱る場面。叱るにもいろいろな方法があって、それを家本先生は以下のように分類された。A 学校の規則に反しているぞ。B 今はそうじの時間だと、いつも言っているだろう!C 学校ではそうじも勉強だ!D その他Aは、 …
続きを読む

6年生では、国会議事堂を見学する。当然、憲法の授業もする。イ 日本国憲法は,国家の理想,天皇の地位,国民としての権利及び義務など国家や国民生活の基本を定めていること。これが、学習指導要領に定められた部分である。国家の理想、という点では、当然ながら「平 …
続きを読む

体育でサッカーをはじめた。基礎感覚をつくるために、ボールにいろいろなさわり方でさわる。足の裏でさわるパターンをいくつか繰り返して、これまでボールを満足に蹴ったこともない女子にも、なんとなくサッカーらしい足の動きを体験させた。トラックの中をドリブルして …
続きを読む

ちょっと自分の中で新しい感覚があったので、書いてみる。朝、教室に入るやいなや、いやな感覚。一人の女の子が泣きそうで、女ボスがまわりで口をとがらせて何か言っている。腕をつかんで、黒板の前にひきずりだそうとしている。私の姿を見ると、ボス軍団の5,6人が顔 …
続きを読む

本日は書初め大会。主任のあいさつが印象に残った。場所は、寒い体育館の中、である。寒さ対策として、ガスの大型暖房機がぶんぶんうなっている。それが、2台。熱風が吹き出てきて、体育館の中央に向かってしきりとあたためている。しかし、寒さのほうが勝る。じんわり …
続きを読む

職場の同僚の結婚式に出た。正調の結婚式。いろいろなことが段取りよく、気持ちがよかった。心配りが行き届いていた。ともによろこぶ、という行為の、なんと気持ちの良いことか、としみじみ感じた。自分のことだけでなく、他の人を、祝い、よろこぶ、ということの。いろ …
続きを読む

週案簿に、本日確定した3学期の行事関連一切をすべて書き入れた。給食のことも、大掃除のことも、体力づくりのことも、卒業式のことも、すべて関連することをすべて書き入れた。本当は、2学期末にやる仕事だったが、今回は冬休みに思わぬ「いろいろ」があって遅れてし …
続きを読む

初日の出、ではなく、3日の朝です。九十九里浜の真ん中あたり、大網白里海岸で撮影しました。朝、6時に到着。その後うっすらとオレンジ色の光が、帯のように水平線にかかっていきました。日の出か?と思うのですが、そうではなく、徐々に地球の裏側から、海の向こうか …
続きを読む

ふくらはぎが弱点となって数年がたつ。気がつくと、重くだるいような感覚があり、ちょっと疲れたな、と思うようになった。それも、この数年で、かなり進行してきてしまった。疲れた、という身体のサインだと思って、サインを感知すると無理をしないで早めに寝るようにし …
続きを読む