困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2009年07月

図工の鑑賞の授業をやることになった。さて、これが奥が深い。なにをめあてにするのか、それだけでも各論さまざまで、「良い、悪い」は決められない。ともかくも、現学級の子どもたちの実態をつぶさに感じながら、脳裏に「ああでもない、こうでもない」と思いをめぐらせ …
続きを読む

信号が赤だから、止まる、と思っている。なぜ、止まるのか。信号が赤だから、止まる。これが、当たり前となっている。でも、実際はそうなっていない。赤でも、そのままブイーン、と加速して交差点を通り過ぎていく車もいる。目の前で、そのまま行ってしまうから、目がテ …
続きを読む

自分の頭で考える、ということを先日書いた。 (教員は夏休みほど忙しい)事実がある。それを、常識、としてとらえている。当たり前、としてとらえている。実際、法則、というような言葉で、把握している。これは、ある事実について、人間の認識が働いて、理論化、法則 …
続きを読む

「教員は夏休みほど忙しい」とよく言われるが、本当である。8月の終わりまで、スケジュール帳がうまってしまった。あちらこちら、博物館や図書館や美術館で勉強をしてみたかったのに、まったくもってそんな時間がとれない!いったいどういうことなのか?1)これだけは …
続きを読む

「今から聞こえる音。なんて聞こえたか、ノートに書いてね」トライアングルをならす。書けた子どもを指名して発表させる。キーン、チーンなど。1)ドアのイラストを見せる。「ドア」2)ドアをたたくイラストを見せる。「ノック。・・・なんて聞こえる?」トントン「な …
続きを読む

駅前のコインロッカーに、荷物を入れようとした。すると、長野駅は今日はやけに混んでいて、空きがない。なんだ。と思って、別のコインロッカーを探そうとした。すると、同じように困っている人がいた。目立つ赤の旅行用ケースをひいている。欧米の人である。若い夫婦ら …
続きを読む

今週はテスト、テスト、テスト・・・1時間目に国語の漢字テスト、2時間目に算数のテスト、3時間目に理科のテスト、4時間目はまた、国語の文章読み取りのテスト。悲鳴があがりました。ごめんね・・・気がついたら、テストやっていない、ということになってしまったの …
続きを読む

最初の1分間でつかむ!どういう要素が、こどもの視線、意識、注意、関心、興味をつかむのか。最初の1分。そこに、すべてをかける!今、要素を考え始めています。いくつか教えていただいた中から、要素を3つ。1・楽しい活動。2・知的なおどろき。3・モノづくりや実 …
続きを読む