困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2009年01月

スクーリングとレポートと試験対策。通信教育で効率よく単位を取得するには、この3つが大切だ。しかし!!!これらの対策をあれこれ考えるより以前に、しておかねばならないと思ったのは、自分自身のマネージメントであった。それも、時間の。要するに、締切設定をした …
続きを読む

いろんな方から、コメントやメールをいただく。多いのは、やはり、教師をめざす方たちだ。それも、現時点、他の業種で勤務をされている人がほとんどである。私の経歴がそうであったから、なにかと参考にしていただいているようだ。私も、自分の記録が何らかの形で有効に …
続きを読む

A子が、3日ぶりに登校した。風邪をひいていたのだ。無理して登校し、こじらせた。電話をして、「風邪の菌がぜんぶいなくなってしまうまで、ゆっくり休んでね」と伝えた。ひさしぶりに教室で顔を見ると、きちんとマスクをしている。「いいねえ」とほめる。「先生、くすり …
続きを読む

心のエネルギーが枯渇しがちな昨今。子どもたちも、例外ではない。毎日、ゆったりと夕食を食べるわけではない。朝食を毎日食べられるわけではない。両親が常に安定した心境でいるわけではない。両親が暴力をふるいがちである場合もある。父親がリストラにあうこともある …
続きを読む

退職された先生が、職場を訪ねてこられた。1年ぶりの再会。離退任式の後、飲み会の席で、いろいろと話をされたが、その時以来だ。昨年、私の席のすぐ隣に座られていた。わたしが臨時任用、おどおどした新米講師であったためか、気にかけてくださった。「大変だねえ」と …
続きを読む

一番素晴らしいなと思う子どもは、こういう子どもですね。「くたばらん子ども」だと思うんです。こう言ったのは、故・吉岡たすく先生である。引き続き、こう説明されている。「子どもというのは、失敗を多くする。失敗を繰り返していますけれども、その失敗をしたときに …
続きを読む

初任研も、大詰め、である。先日は、1年をふりかえっての、レポート提出が命ぜられた。きちんと、フォーマットも決まっている。そんなの、つい先日の2学期末に出した、校内の経営反省と同じでいいな、と思ったら、もっとも厳しい、チェックが入った!字句はもちろん、 …
続きを読む

授業参観があった。日頃、立ち歩いている子も、始まってなかなか席につかない子も、道具をよく忘れる子も、不思議とよい子になる。シンとした空気の中で、鉛筆のコリコリという音だけが響いている。漢字スキルの練習中だ。思わず、心の中で、笑ってしまう。(こんなに、 …
続きを読む

先日書いた、「おそい はやい ひくい・たかい」という本のこと。パラパラとめくっていたら、奥地圭子さんが書いたページが見つかった。実は、奥地圭子さん。私の嫁さんの、恩師である。東京江戸川区の小学校2年生のとき、1年間だけ担任をしてもらったそうだ。当時か …
続きを読む

先週から、教育反省会議をつづけている。「○○小の教育」というものをつくっていくために、教員がみんなで知恵を集めている。来年度も、私は、今の学校で勤務をする。実は、これまでは、そういう緊張感が持てなかった。臨時任用だったからだ。来年は、もしかしたらいな …
続きを読む

ストーブをつけていない。朝、教室に入ってくるなり、子どもたちが、「ストーブつけて」と言ってくる。まだ、一度もつけたことのない、ストーブ。隣のクラスが、朝の寒さに耐えかねて(?)つけているのを見てしまったのだ。「先生、隣のクラス、つけてるよ!」だから、 …
続きを読む

いわずもがな。教師は、のどを使う職業である。正月をふりかえってみていて、「ゆっくり、休めたのかな」と思い返してみている。そして、ふと、<のどの休息>ということが、頭に浮かんだ。身体の休息はもちろんのこと、のども、しっかり休んだな、という感じがあるのだ …
続きを読む

さて、年始のあいさつ廻りが終わり、旅行からも帰宅した。1)年末のホッとした感じ→すぐに家事洗濯とふすま障子の張り替え大掃除2)年始のあいさつ&久しぶりの長距離運転と子の相手で緊張→飲みすぎで胃が荒れた3)ドッと疲れが今、3)の時点に居る。そこで、身体 …
続きを読む

2日の朝、日の出を見た。今年は2人目の子が生まれる予定なので、ぜひとも日の出を見て、心をととのえたかった。朝、6時起床。それでも十分に間に合うように、海岸近くに泊まった。宿の主には、日の出を見に行くことを伝えてある。前の晩、親切に、日の出時刻を教えて …
続きを読む