困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2008年09月

ツァラトゥストラはかく語りき。初任者の悩みについて。小学校教師の男性教諭は、ふだん、どんな服装をしているべきであるか。そも、このところの急激なる気候の変化と寒暖の差は如何。上着を羽織るべきか、それともぬぐべきか。はて、上着とは何を指すや。スーツか。は …
続きを読む

視聴覚担当であるから、運動会でも放送が仕事。放送の前日テストはOK。当日は、早朝から機器設置、放送委員会の子の指導が主である。その日をむかえてしまえば、あとは子どもたちに任せる部分が大きい。うしろで相当なトラブルだけを用心し、控えているだけだ。一か月ほ …
続きを読む

朝、子どもたちが教室で本を読んでいる。始業前は読書をしていなさい、と話しているからだ。そこへ、ほぼ毎日、きまったリズムで、「おはようございます」と入っていく。最近、この挨拶の声を自分で注意して言えるようになった。ついこの間までは、朝の型がなかった。そ …
続きを読む

運動会で、赤組白組に分かれる。対抗戦だ。もりあげるのが、応援団。応援してもらうと、力が入る。わたしも、大好きだ。ところで、運動会が一番、盛り下がるところがある。ここが、いつも、くやしい。なにかというと、応援団のつくる、応援歌だ。この応援歌がむずかしい …
続きを読む

給食のあと。そうじを見て回った。「しっかりやってるね~」背景がある。2学期に入り、掃除分担を変更した。一人ひとり、掃除する場所を変えた。心機一転、校内のさまざまな個所を掃除している、はず。ほめてまわろう。そう思って見回った。わが校はクラス数が少ない。 …
続きを読む

「そのとおり!」このセリフが、少し、感覚を変えた。算数の授業中。4年、小数。小数の定義を言わせて、再度確認したときだ。Hさんが定義をしっかりと復唱し、わたしは心から「よく言えた!」という気持ちでもって、「そのとおり!」と言った。そのとき、なぜだか、「あ …
続きを読む