困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2008年08月

教師として一番大事なことは何か。教室がよくなること。子どもたちが言うことをきくこと。落ち着いた態度で子どもが授業を受け、友達を思う態度で学級をつくりだす、こと。こういったものが実現すると、うれしい。・・・というレベルではないだろう。結果、報酬、自分の …
続きを読む

知人から電話があり、会うことにした。転職を考えている、という。30代だ。30代転職の経験を話せ、という。「やりたいことをやったらいいじゃないか」、という簡単な返答では満足できず、いろいろと話をする。お互い忙しいから、駅前のドトール珈琲で。注文も早い。「ブ …
続きを読む

先生のためのボイストレーニング、という講習を受けた。最初に、なぜこうしたトレーニングをするのか、どのような効果を求めるのか、という趣意説明があった。○健康の為○指示を通るようにしたい○カラオケがうまくなりたいいろいろと効果がある、ということだった。中 …
続きを読む

教員は夏休みほど忙しい、とよくいうが、本当にその通りである。教室の整理、備品の整理、校務分掌の備品がこれまたすごい。情報・視聴覚担当だから、やたらと備品がある。高価そうなカメラとか、ビデオソフトだとか、備品シールを管理する台帳がふくれあがっている。こ …
続きを読む

夏が終わると、気になることがある。北京五輪のことだ。教室で、どれだけ話題になるだろうか。話題にならないとさびしい。しかし、話題になるとしたら、どんな話題として子どもたちは話すのだろうか。金メダルの数か。メダルを取った選手のことか。テロのことか。あるい …
続きを読む

8月の決意。その子の可能性をみとれる教師になりたい。現象面にあらわれてくる元を見たい。自分自身についても。考えや思いや行動よりも、その元になる、自分の中身、実際を見ていく。そのためには、常に、自分の「方向」はどうか、と省みる生活の連続でなくては、とう …
続きを読む

教師修行が要る。メリット・御利益・効果があるからの修行でなく。どのような方法であっても、どのような行為であっても、「教師修行」の自覚の上で、自分が何を見て、どこに重きを置いて着眼しているか、本質を見ようとしているかどうか常に省みる。そういうことの積み重 …
続きを読む

わが息子は4歳。寝る前に、就寝儀式として、お話を聞かせている。「お話をはじめるよ」というと、寝る体勢に入るから、とても助かる。どんな話かはまだ頭になくても、とりあえず、この呪文を言ってふとんに入るのを待つ。スタンバイしたところで、今日は「三枚のおふだ …
続きを読む

「崖の上のポニョ」のオープニング。とても静かなうつくしいメロディが流れる。林正子さんが歌う、「海のおかあさん」だ。画面には、とてもたくさんのクラゲやプランクトンが泳ぐ。映画館全体が暗くなり、しずかな音楽、ゆったりとしたテンポで曲が流れてくる。うちの子 …
続きを読む

車がないので、遠出のときには、レンタカーを使う。車を買いたいが、駐車場代だけ見ても、手が出ない。それに妻は運転できない。土日も不要。たまの連休か、夏休みくらいにしか、使わないのだから、レンタカーで十分だ。レンタカーの楽しみは、会社が選べることだ。トヨ …
続きを読む

1日は映画割引の日。ファーストデイなので、1000円で見れる。平日だが年休を頂き、4歳の子を連れて映画館へ。夏休みで混んでいるかと思いきや、とても空いていた。はじまりのアニメーションが圧巻だった。海の中が、これほどきれいで、美しいとは。多様な生物。泳 …
続きを読む

笑顔をつくるために、朝晩、顔のトレーニングをする。とくに、口の周りの筋肉をきたえるとよいときいたので、やってみている。しかし、こうして必死になっているのも、他の先生から、「先生、顔がこわいですよ。とくに黙っているとね。」とずばり、言われたからである。 …
続きを読む