困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2008年02月

男の子。ひとりの子の背中に、何人もが体重をかけて一度に乗る。押しつぶされて、声がでない。くるしくて、耐えるしかなかった。みんなを扇動した男子に問う。もちろん、被害を受けた子、扇動に乗って、同じことをしてしまった子、すべてに何が起きたかを言わせる。自分 …
続きを読む

目がしばしばする。くしゃみがでる。洟がでる。来ました。花粉です。ふと顔をあげると、校庭の隅に、杉の樹がありまして、花がパァ^^と開いておりました。教師は、授業中にくしゃみをしてはならない。授業の流れ、テンポ、すべてが水の泡となる。歌手が、ウタの最中に …
続きを読む

6年生をおくる会で、二本松先生のおどりをおどることにした。これまで知らなかったけど、すごい先生。うちの子どもに早速、そのビデオを見せたら、もう一回やろう、もう一回やろう、の連発。おどりが、こっけいというか、おじんくさいというか、田舎くさいというか、だ …
続きを読む

高密度ポリエチレンのふくろを用意する。エナメル線で、ふくろの口のへりをぐるっと一周、補強する。エナメル線はテープでとめる。エナメル線に、3箇所、ひもを固定する。ひもは、空中にとんだとき、3人がそれぞれ均等の長さでバランスをとる。アルコールランプ、ある …
続きを読む

語りの会 という会がある。様々な語り、を聞いたり、実演したりしながら、民話の語りの響きや物語の世界を味わおうという会だ。元教員の先輩方が、長く地元でやり続けていらっしゃる。今日、そこへ初めて参加させていただいた。招かれていたのは、長く沼田さんという俳 …
続きを読む
数え歌 一つ ひなたの山道を

数え歌一つ   ひなたの山道を二つ   二人で行きました三つ   港の蒸気船四つ   他国(よそ)から着きました五つ   急いで見にゆけば、六つ   向こうの青空に七つ   ならんだ白い雲八つ   山家(やまが)のおさの音九つ   ここまで聞こえます  …
続きを読む

南アメリカ ボリビア共和国 峡谷地帯高地総合女性開発プロジェクト というものがある。自然状況が厳しく現金収入が乏しいこの地域では、朝から晩まで働いてもある一定の生活レベルからは抜け出せない。現金収入を得る手段はとても難しいのが現状だ。医療は不足している …
続きを読む

講演会の中で、水酸化PCBの話も強烈だった。環境ホルモンが危険視されて久しいが、PCB(ポリ塩化ビフェニール)は、体内に摂取されると変化して、水酸化PCBというものになるらしい。佐々木先生は、「私はくわしくないんです。」と断って、以下の説明をされた。 …
続きを読む

佐々木正美さんの講演会で、泣けてきた話。子どもが学校へ行きたくない、と言った。普通級ではなく、支援級だったら行く、と言った。その子は、発達障害であった。母親は、佐々木さんの講座で勉強をしていた。子どもにとって、普通級は耐えられなかったのだろう。担任の …
続きを読む

近くのホールに佐々木さんがくる、というので、勤務を終えてすっとんでいった。ホールにぎりぎりの時刻に入ると、満員で、もうすでに中へは入れない。外のロビーに、特設で場が設定してある。テレビが置いてあり、中継で中の様子を放映してくれていた。ありがたい!感謝 …
続きを読む

勤務校の公開授業の日。一日中、声をかけられっぱなし。私は、視聴覚、情報機器担当。この日は、ふだんはそんなに出番のない機器でも、大活躍する。デジカメビデオビデオのテーププロジェクタースクリーンビデオのバッテリーそのバッテリーを充電するための装置その装置 …
続きを読む