困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2007年12月

叱る、という場面が、この1年間、何度もあった。前年度までとちがうのは、叱る、ということが、なんと愛情深い行為か、ということ。そのことに、気付いた。同学年で、いっしょに叱ってくださった、主任の先生のおかげだ。わたしのクラスの現状を知り、具体的な話をきい …
続きを読む

冬休みになって、朝、コーヒーをのみながらボーっとしている。すると、なんとはなしに、うかぶ顔がある。子どもたちの顔だ。顔だけでなく、ふとした、ハッとした、なにげない一言や、なにげない所作を、思い出す。けんかばかりで、すぐに文句を言う子が、目の前の鉛筆を …
続きを読む

おさめ会。職員一同に会して、駅前の料理屋で、宴(うたげ)。2学期の幹事は、中学年、ということになっているから、3年生担任の私も、幹事の一人だ。1週間ほど前から、「先生、司会進行、よろしくね。」といわれていた。一応わたしも若手なので、言われた仕事はしなけ …
続きを読む

学校で、校内研究の看板づくりをしていたら、ピンポンとチャイム。でると、うちのクラスの男子が機嫌よく立っている。「先生、わすれものとりにきたよ!」書写の教科書を取りに、いっしょに教室へ行く。「先生、教室、きれいじゃないなあ!!」黒板に、字が書いたままだ …
続きを読む

採用試験に合格し、年末には大掃除をしたいと思っていた。部屋の棚や本箱に、大量の試験問題集やらなにやら、「教員養成セミナー」だとか、たくさん並んだままだったからだ。ようやく、このたくさんの荷物を、整理できる!!!ウレシイ・・・。というので、整理をしてい …
続きを読む

探索のために宇宙へ飛び立ったアポロ13は、電気コイルのショートが原因で故障してしまう。機体からは酸素が漏れ出し、乗組員の生命が危ぶまれたが、地上の人々との一体プレイが効を奏し、無事地球へ帰還する・・・。息詰まるシーンの連続で大変見ごたえのある、映画『 …
続きを読む

漢字ドリルもおわり、計算ドリルも終わり、テストも終わった。各教科の単元も、2学期分は無事に終了した。さて、あとは無事に終業式を迎えるだけだ。・・・と思って、子どもたちからのリクエストを聞き、お楽しみ会を行おうとしている。通知表もおわり、出席簿も終わり …
続きを読む

陰気なところから、陽気な解決が出てこようとは思われない。何をするにしても、何を考えるにしても、額にしわを寄せていたらすぐさまそのしわをのばして、口元をゆるめ、楽しくなるように考えることだと思う。もうじき、今年も暮れようとしている。ついさっきポストを覗 …
続きを読む

将棋の効用、というのがあるらしい。以前、将棋の効用、というので文を書いた。学級で将棋トーナメントなどをしているが、それについて職員室で話題になった。「先生のクラス、将棋やってるね。○○くんもやってるって?よかったぁ」とのこと。ADHD、LD、の子の世 …
続きを読む

3年生。造形遊び。くぎ打ちをする。はじめてのくぎウチ。短くかなづちを持って、少しずつ打つように指導した。板に、くぎを各自100本ほど。ビー球を用意する。1)板に、ポスカ で絵を描く。このときに、絵をかくよ、といわず、「もようをかこう」という。もよう、 …
続きを読む

その昔、日記に大真面目に書いた、文章が見つかりました。以下。目に映るほとんどのモノについて考えてみると、それらは人知の創りだした創造物であり、人間の知恵がいかに価値あるものか、ついため息がもれるほどです。エジソンひとりに限らず、すばらしい知能と持ち味 …
続きを読む