困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2006年08月

夏休みが終わり、2学期が始まる。音読カードを新しくつくりなおした。1学期のものをまた続きで使っても良かった。だが、きちんとPCのデータになっていなかったので、ワープロで作り直した。これで、いつでも印刷できる。今までは、資料BOXに詰め込まれていて、一 …
続きを読む

その後、新しい年を迎え、お世話になった職場を去る準備を進めた。臨時講師の口があり、ほぼ確定できそうだった。いざ、そうなってみると、自分よりも周囲の人たちがスイスイと動いて、助けてくれた。後輩もよく仕事を覚えてくれた。また、会社の関係者からだけでなく、 …
続きを読む

私は大学を卒業していなかったので、なにはともあれ、大学を卒業することにした。ただし、教育実習は受けなくても良い。受けなくても、卒業に必要な単位数である125単位を取っていた。この4年間の努力がモノをいう。これで、正式に学士として認められ、卒業できるの …
続きを読む

さて、目的の免許を取ってしまったので、大学は行かなくても良くなったかというと、色々調べているうちにさらに次のことが分かった。つまり、ニ種の免許を持っていれば、大学で所定の単位を修めることで、一種にグレードアップできる、というのだ。私はほとんどその単位 …
続きを読む

試験は9月に行われる。会場は全国の大学、6会場。私は、横浜国立大学だった。前もって、教員資格認定試験の試験概要を取り寄せた。1次試験は、ほぼ学習指導要領からの問題だということが分かったので、指導要領を勉強しておいた。残暑の厳しい、暑い日だった。部屋は …
続きを読む

たまたま家のパソコンで、古いメールを読み返してみていたときだった。以前お世話になった上司(別の人)から、試験で免許が取れる、ということを教えてもらっているのを思い出した。そういえば、と思った瞬間、パァーッと悩みが吹き飛んだ。霧が晴れた気がした。それは …
続きを読む

3年が終わったとき、単位を計算してみると、ありがたいことに順調である。このままいけば、すべての単位を4年で取り終えることができそうだった。しかし、問題が残っていた。小学校の教職免許を取得するためには、教育実習へ行かなければならない。しかも、その期間が …
続きを読む

「新婚旅行、どこがいいと思う?オーストラリアは?」嫁さんも最初はこんな言い方で話題を振ってきていたが、見かねてなのか、「もう旅行、行かなくてもいいから」と言うようになっていた。正直、この言葉に救われた気持ちだった。「ちゃんとした教師になって、受験も合 …
続きを読む

「旅行になんていってる余裕ないな」自分の代わりができる人材を育てる時間がない。システムを自分が理解することだけで必死だったから、他の誰にも、十分に内容を伝えていなかった。自分ならなんとかできそうなことも、それを人に伝える、というのは膨大なエネルギーが …
続きを読む

式のことをいろいろと進めていくうちに、新婚旅行の話になる。嫁さんは、ピンク色のふせんを、ブライダル雑誌のここかしこに貼り付けながら、いろいろと話をする。けれども、これがむずかしい。新しい職場でいつの間にか、セキュリティ担当者になっていた。24時間、シ …
続きを読む

新しい職場では、元アメフト部、といった体型の大柄な先輩に受け入れてもらった。この人は、ちゃんとしたスーツを着ているのに、背中には山登りでもするような赤いナップサックをしょって、職場に通ってくる。さて仕事が始まると、最初の2,3日は気分よく、見学がてら …
続きを読む

電話の主は、かつて世話になっていた、元上司のSさんだった。「どう?元気でやってる?」相変わらずの早口で、こちらの様子を心配してくれる。ありがたかった。おまけに、ハナシの中身も、ありがたいことだった。Sさんは最近、旧友と会う機会があった。その相手が人を …
続きを読む

嫁さんは元気に、まっ赤な自転車をこいで、短大に通いはじめた。私は仕事をしながら、レポートを気にする毎日。派遣の仕事は、F社のコールセンター。パソコンの疑問や故障相談の、電話受付だった。どんな仕事でもいい、と始めた仕事だったが、困ったことがあった。それ …
続きを読む

まず、免許取得。通信制大学に通うことにした。始めてみると、ドサッと届く、教科書やレポートの課題。これらを定期的にこなし、さらに土日には試験やスクーリングが待っている。しかし、これしきのことで、免許がとれるならたやすいもの、と始めた。通常、大学に通うな …
続きを読む

30歳で教師になろうと思ってから、最初にやることについて。最初に、現在やっている仕事について、見直しをしなくてはいけません。つまり、「今の仕事を続けるのかどうか」これが大問題。今のままで、教師になるための準備ができるのか。相当、悩みました。私の場合、 …
続きを読む

30歳で結婚するのを機に、マジメに教師になろう、と決めた。高卒だったので、「教員資格認定試験」で免許をとった。35歳になり、講師になった。学級担任になった。職員室で、35歳というと、若いようだが、若くない。自分では、もう35か、という気がしている。新 …
続きを読む