困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2006年01月

「先生、Pくんがきちんとやっていません」と、わざわざ知らせてくれる女の子。少し理解が遅く、まわりの子とちょっとずれがちなPくん。忘れ物は多いし、ノートに書くのも遅れることが多い。それだけでなく、注意されるとムカッとしてしまう。Pくんは思わず手を出して …
続きを読む

1年生のさんすう。「20よりおおきいかず」で、10のまとまりをいくつあるか数えさせる場面でした。数え棒をつかってかずを数えた作業のあと、板書をしながら整理していました。そこで、10のまとまりをしめそうと思い、教具を使いました。えんぴつが、10本まとま …
続きを読む

算数の授業で、色板をつかって四角いビルの形をつくりました。合計12枚の真四角の板を使って、大きな四角いビルをつくるのに、全部で6通りの方法があります。1階建てから、12階建てまで、順番に児童と共にみつけていって、ああ、全部で6種類あるね、としていくはず …
続きを読む

今日は初めての縄跳びをしました。短縄です。ベテランの先生のクラスに補助として入りました。クラスを2チームに分けて、1つのチームを担当しました。この小さいチーム(18名)をさらに9名ずつの半分に分け、お互いに向かい合わせてペアをつくり、交代で跳ぶように …
続きを読む

気が小さいためか、なかなかみんなの前で声を出せない子がいます。算数のプリントを、みんなで答えあわせをしていて、席順にこたえや式を言っていくのですが、まちがえることの怖さがあるためか、緊張してしまうのか、黙り込んでしまいます。放課の時間になると友人と共 …
続きを読む

帰り際、1年生の子から、「先生、雨は降りそうですか」と聞かれた。とっさに、そんなもん、空みたら分かるでしょ、と思った。晴れ、でもないし、どんより曇りでもない、ごくふつうに、空には、ある程度の雲がある、という日でした。なにか、家の人が留守だとか、洗濯物 …
続きを読む

国語。言葉あつめ。 なかまのことばを集めよう、ということで、 「とり」の仲間の言葉を集める授業がありました。 子どもたちが書いた語句に、 「こうもり」がありました。 こうもりはとりではない、ということを、1年生でも教えるべきかどうか、で迷いました。 給食時 …
続きを読む

まずは気軽に始めてみます。現在、小学校1年生の非常勤講師をしています。各クラスにT.Tで毎日支援に入っています。教育の世界に入って1年目、4月から数えてもう10ヶ月がたとうとしています。この間に、何を学んだのか、今学びつつあることを確認していこうと思 …
続きを読む